キャラクターイラストの塗り方

こんにちは ろんりです

今回はデジタルでのキャラクターイラストの色の塗り方について、私なりのやり方をご紹介できたらなと思います。使用ソフトはクリップスタジオペイントです。(photoshopやSAIをご使用の方でもできるやり方ではあると思います)

まず初めに、カラーイラストの塗り方って、どこからどうすればいいの?って困ったことありませんか?

塗り方も色々ありますよね

有名な塗り方としては 厚塗りやアニメ塗り、グリザイユ画法など…何かすごい魔法みたいな名前のものもありますね

ではどの塗り方を覚えていけばいいのか?

結論から言えば、人それぞれ好みや自分にあったやり方を追求していくとしか言えません。追求といっても厚塗りだけにこだわる必要もないし、気分によって変えるのも良いでしょう。いくつかの方法に挑戦してみてそれらのやりやすいと思った部分を掛け合わせて自分だけの塗りを発見するとか理想だと思います。

ですので今からご紹介する塗り方はあくまで私のやり方です。種類的にはアニメ塗りになると思います。(厚塗りは難しい)

ご紹介するうえで描かれているイラストのキャラクターはバーチャルYouTuberとして活躍されている『日ノ森あんず』ちゃんです(あんずちゃん大好き!)

項目毎にまとめてみるので、見てみたい部分だけでもどうぞ(o゜▽゜)o☆

下塗りについて

アニメ塗りをする場合、まず1番初めにしなければならないのが地盤作りの下塗りです。描いた線画をもとに、土台となる色を配置していきます。肌や髪等、各項目ごとにレイヤーは分けて塗っていけば編集しやすくなるので分けて塗っていきましょう。

(ただその分レイヤー数はどんどん増えていくので、後でどれがどの部分だろう?と必死になって探すのは絵描きの宿命だと思ってます)

線画の線が途中で途切れてないような線なら、バケツツールで一気に塗りつぶしてあとは髪の毛先など細かくて塗り切れなかった部分を足したりしていくと割と早く終わります。

線画が繊細な方は自動選択ツールやバケツツールがうまく機能してくれないので少し苦労するかもしれません

色選びのポイントとしては、あまり彩度と明度が高くない部分の色を選ぶ事…ですかね(自分でも自信がない)好きなイラストレーターさんのイラストから直接スポイトツールで、一番明るい部分の色を取ると参考になると思います。

あととりあえず色を置いてみてから色彩調整で色をいじるのも良いですね。

肌について

こちらは肌の塗り方になります。

1、肌の下塗りレイヤーと別のレイヤーを用意して、クリッピングして肌レイヤーからはみ出さないようにします。それから影を塗ります。

2、次に少し赤みの色を足します。女の子のイラストの場合、頬につけると一気にかわいらしくなりますよね

3、これはめちゃくちゃ分かりずらいと思いますが、覆い焼きレイヤーを使って黄色を少し置き、明るくしています。尊敬するイラストレーターさんの真似です

4、頬タッチを入れる 趣味です☆

服について

こちらは服の塗り方になります。

1、服装の模様や色違いを描き分けていなかったので、描き足しました。下塗りレイヤーの上に(別レイヤーで)模様を描き足した感じです。

2、1影を塗ります。ざっくりと、光源を意識しながら「この辺は他の場所より暗いかなぁ」と、下地の色より少し暗めの色を塗っていきます。

3、2影、落ち影を塗ります。先ほど塗った1影よりも濃く暗い色を塗ります。1影だけよりもさらに立体感が出せます。

4、ハイライトを入れます。一番明るい部分(光が当たっているであろう部分)に明るい色を少しのせるとより立体感が出ます。

※追記として反射光も入れるとなお良しです。

髪について

こちらは髪の毛の塗り方になります。

1、グラデーションを付けてみました。1色だと何か寂しいので、グラデーションをかけて遊んでみた感じです。ただあまりにも奇抜な色を使うと悪目立ちするので扱いに困ります。

2、1影を塗ります。髪の毛は細かい線の束なので、それを意識しながら塗っていくと良い感じになると思います。

3、2影、落ち影を塗ります。先ほど塗った1影よりも濃く暗い色を塗ります。1影だけよりもさらに立体感が出せます。

4、明るみを足しました。わかりずらいですね、ぶっちゃけ必要なかったかもしれません。ただ何か違うなぁと感じた時に、別レイヤーを作って何か色を足してみたり、色彩調整をいじってみたりする事はとても大事だと思います。

5、こちらはちょっと説明しづらいですが、後ろ髪の裏側に青系の色を足すと奥行き感というか空気感というか…私も最近取り入れている技法なのでうまく伝えられないですが良い感じになります(;^ω^)

6、ハイライトを入れます。天使の輪って言ったりしますね。サッと一筆で描いて表現する方もいれば、細かく線を引いていく方もいらっしゃいます。私はどちらかというと前者になるのかな?

目について

こちらは目の塗り方になります。

1、白目に影を入れます。あまり目立たず忘れがちですので、私は最初に塗ってあげています

2、瞳にグラデーションをかけます。ざっくりで良いです。

3、瞳孔を描き、影を付けていきます。少しづつ塗っていき、段々と自分好みになるまで濃くしていく感じにすると良いと思います。

4、スクリーンレイヤーを使って瞳のキラキラ感を出していきます。色んな色を使って遊んでみると楽しいです。ただそのままだと悪目立ちするので、不透明度を下げたりして調整します。

5、4と同じくスクリーンレイヤーや覆い焼きレイヤーなど、自分が気の済むまで加工していきます。キャラクターイラストにおいて一番大事な部分ですので、納得いくまで描き込みましょう。

6、まつげの先周辺に赤みの色を足します。効果としては肌に馴染む感じが出ます。

7、ハイライトを入れます。この時が一番好きです(●’◡’●)キャラクターに命が吹き込まれたような気がして…メンヘラ堕ちも良いですけど

終わりに

以上が私の場合のキャラクターイラストの塗り方になります。ここまでご覧いただき本当にありがとうございます。

結局簡単にまとめると、どこの部分を塗るにしても基本は下塗りをしてから影を描き込み、仕上げにハイライトを入れるの3つの工程を覚えれば大丈夫です。その時に大事な事は光源の存在を常に意識する事だと思います。

プロでもない私のやり方など参考にならないかもしれませんが、何か一つでも得られるものがこの中にあればとても嬉しいです。もしこの記事を読んで下さったあなたが私と同じ絵がうまくなりたいと思っている同志の方なら、これからも一緒に頑張っていきましょう!

いつか神絵師様の足元をつかむぐらいまでの実力を身に着けたい

それではまた

ろんり

コメント

タイトルとURLをコピーしました