WordPressでの目次の作り方

こんにちは ろんりです

今回は私がWordPressで目次を作成する為にはどうすればいいんだろう?とつまづいたので、作り方を調べてきました。

あの読みたい記事のところまでスキップしてくれるやつです。あれの作り方がどうしてもわからなかったので…

試しに作ってみたものを下部分に表記してみますね

テスト

見出し1

見出し1の文章

見出し2

見出し2の文章

見出し3

見出し3の文章

見出し4

見出し4の文章

どうですか できてますか?できてますよね?(やったぁ!)

この記事を見て頂けたら上記のような目次を作れるようになると思います。ただあなたが設定しているテーマや、導入しているプラグインの影響で表示部分等違う箇所があるかもしれません。その点は私もまだ未熟者であるため、この記事通りに進んでも解決できない場合はご容赦ください。

それでは目次の作り方を説明しますね

目次を自動作成してくれるプラグイン

手順は簡単です。目次を勝手に作ってくれる便利なプラグインを導入するだけです

まず始めにダッシュボードからプラグインの中の新規追加を選択して

Table of Contents Plus】というプラグインを入手しましょう。こちらが目次を自動で認識して作成してくれる便利者です。

ダウンロードして有効化したらもう使える(はず)のですが、少しだけ設定を変更してみましょう。変更といっても簡単な事なので大丈夫です。

設定を押すとこのような画面が出てきました

まず上から順に見ていきますね。

Table of Contents Plusの設定について

位置

目次をどこに表示させるかを選ぶ項目です。だいたい目次って最初にあると思うので、デフォルトのままで大丈夫かと

表示条件

見出しがいくつ以上ある時に目次を作成するか、の数値設定です。お好みの数値を選んでください。

以下のコンテンツタイプを自動挿入

(…英語わかんない…)デフォルトでは post と page にチェックマークがついていると思います。とりあえずこの二つの意味を説明します。

postが投稿記事のこと、今あなたが見てくれているこのページのことですね。pageは固定ページのことのようです。私のサイトでいうとギャラリーとかお問合せの部分ですね。

postにはチェックしておかないと投稿記事に反映しないということになるので、必須です。pageは固定ぺージの記事の中に長文があるならチェックを入れておいた方が見やすくなるので入れた方が良いかもしれません。

見出しテキスト

デフォルトでは Content と英語表記になっていると思います。日本語にしたい方は目次やコンテンツと日本語に変更してください。

あとその下にテキストを表示、非表示という項目もデフォルトでは英語表記になっていますので、こちらも日本語表記にしたい方は変更下さい。

階層表示

見出しの大きさで、階層分けするかどうかの項目

画像を見て頂いた方が分かりやすいかなと思い作りました。

左が階層表示×の場合            右が階層表示〇の場合

記事を読みやすくする為に見出しは細かく分けると思うので、チェックは入れておいた方が良いと思います。

番号降り

見出しの数を表記するかどうかの項目です。

上記の部分ですね。こちらもチェックは入れておいて良いと思います。

スムーズ・スクロール効果を有効化

こちらは目次の見出しをクリックした時の移動速度(?)になります。

チェックを入れてない状態だとクリックしたら一瞬でその記事まで飛びます。

チェックを入れるとスクロール(スマホの画面を指で動かす感じ)状態になります。

お好みの方をお選びください。ちなみに今のこのサイトの設定はスクロールになっています。

外観

目次の色などを選べます。こちらもお好みで大丈夫です。(私は何か怖いのでいじっていません)

上級者向け

今の私のレベルでは多分扱えないので見ていませんごめんさない

完了です

お疲れ様でした 以上で設定は完了です。最後に設定の更新ボタンを忘れずに押しましょう。

この方法で私は目次を作れるようになりました。記事を観て頂いたあなたはどうでしたか?無事作れるようになれたらいいのですが…

もしどうしてもこの記事を観ても目次の作り方が分からない という方は私にメールを送ってください。私も初心者でお応えできるか分かりませんが、ご一緒に解決方法を探します。

ご覧いただきありがとうございました

それではまた

ろんり

コメント

タイトルとURLをコピーしました