ラフから線画まで

こんにちは ろんりです。

今回は私の場合のイラストを描いていく流れを紹介できたらなと思います。本当は動画にしてメイキングみたいな事をしたいんですけど、まだちょっと準備が足りなくて…

それでは参りまする(ノ*・ω・)ノ

まずはアタリですね。ちなみに使用ソフトはクリップスタジオでして、今回は正面画を描きたいので対象定規ツールを使ってざっと描きました。(実は対象定規ツールの存在は最近知りました凄く便利ですね)

次にアタリのレイヤーを薄くしてそれに合わせてラフを描いていきます。どんな絵にするか全然決めてなかったんですけど、描いてく内になぜか花売りの女の子にしようと決まりました(笑)

さらに妄想を膨らませながらラフを描き込んでいきます。元気っ娘より少し闇を抱えた娘がいいなと顔を変えてみたり髪型変えてみたり

後は完成図をイメージしやすいように簡単に色をのせてラフは完成です。

ラフが描き終わったら線画に移ります。

え、ナニコレ…どういうことなの顔とかぐちゃぐちゃだけど

と思われたあなた、おっしゃる通りです。

ただ今回はLive2D用のイラスト作成ですので、仕方なくこうなりました。普通のイラストの描き方とは変えています。(たぶんこんな事しなくてもいいと思うんだけどまだLive2Dを理解しきれてなくて…)

以上が私のラフから線画までの流れになります。


最後に突然ですが、あなたはキャラクターのイラストを描く時、どの部分から描き始めますか?ある人は目からだったり、ある人は輪郭からだったり、人それぞれだと思います。

私は昔、目から描いていました。なぜかというと、二次元のキャラクターは目が命と 読んできた雑誌や参考書に書いていたからです。

とにかく目の練習をしなきゃ! と、初めは目ばかり描いていました。

そしたらまぁ見事に目だけはうまいぐあいに描けるようになったのですが、他のパーツを描いていくと何かバランスが取れてなくて、変な感じになる…こんな絵を描きたかったわけじゃないんだけどなぁと、段々その続きを描く気がなくなっていきました。

特に全身を描く時となると最悪で、一応描き終わった後に見直したら紙をくしゃって丸めてぽいの毎日でしたね。

それからは アタリを付けてから描いた方が良いよとなったので、アタリを描くようになりました。あの丸描いて十字線引くやつです。そしたらなんと…

もっと変な感じになりました。

「全然かわいく描けない…」

ぶっちゃけそれは今でも続いています。アタリの付け方、本質を理解していないからだと思いますが、それでも一応アタリを描いてからの方がバランスは取りやすくなったです。

そして今日まで絵を描いてきて私がたどり着いたやり方が、二度手間三度手間ですが、自分が納得するまで一度描いたものに新規レイヤーを重ねて反転してから描いてみたり、またその上に重ねて描き直していくやり方です。

だけどもっと効率よく、何よりうまくなりたいものです

こんなところまで読んでくださり本当にありがとうございます。

描き方は人それぞれで正解はありませんが、こいつはこんな感じで描いてるんだなと少しでも何かご参考になればうれしいです。

それではまた

ろんり

コメント

タイトルとURLをコピーしました